積み木の家と鎖

空き巣対策を行なうなら監視カメラの設置がおすすめ

防犯対策のあり方

女性

昔と今の防犯対策

住宅の防犯対策を行う場合には、空き巣の気持ちになって住宅に侵入しようと考えてみることが大切です。どのような侵入経路なら誰にも気づかれずに侵入できるかを考えて、その侵入経路をつぶしていくことが防犯対策につながります。かつての防犯対策は敷地内に入らせないように壁やフェンスを立てることが多かったのですが、最近の防犯対策はオープン外構にして外部から見えやすくすることが多くなっています。防犯カメラやセンサーライトなどによって、外部からでも侵入者が見えるようにすることが重要です。空き巣は5分程度で侵入できなければ侵入を諦めると言われていますが、防犯カメラをはじめとして様々な対策を取って侵入に時間をかけさせることが有効です。

オープン外構のメリット

防犯対策として、外部からの監視の目を集めるためには、オープン外構が重要です。ブロック塀や垣根などで囲まれていると、一度侵入してしまえば、侵入者がそこに隠れることができます。オープン外構で、足場もないような住宅の場合には、侵入しようとする姿が丸見えになります。そのような住宅では空き巣は侵入できません。自分が空き巣だったら侵入を諦めてしまうような住宅にすることが重要なのです。要所要所に防犯カメラを設置すれば、さらに防犯機能は高まります。防犯カメラに録画されることも空き巣にとっては避けたいことですから、設置されているだけでも侵入を諦めたくなるはずです。複数の防犯対策で、侵入しにくい住宅にすることができます。